読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【スピアフィッシング 】魚突き初心者に必要な事前確認事項 ~石鯛を仕留めるまで〜

今回の内容は、前回の続き記事です。

 

↓前回 

yb125sp.hatenadiary.jp

 

 

はじめに。

イシダイと遭遇するためには、場所選びが重要です。

 

私が泳いでみてきた中では、テトラポッドや浅瀬の岩場付近に多く生息しています。

海藻が多い場所では、ほとんど見かけたことがありません。

 

そこで今回は、上記のようなフィールドを見つける方法を記録に残そうと思います。

 

場所選び。

岩場やテトラポッドは、実はグーグルマップの航空写真で確認することが可能。

 

まずは、下記をご覧下さい。

グーグルマップで新潟県のとあるスポットを表示しています。

 

f:id:YB125SP:20170104194907p:plain

 

海の色の濃淡で、ある程度の浅瀬 / 深淵を確認することができます。

これにさらに工夫を加えます。

 


~やること~

・Snipping Tool(Windowsの標準ソフトです。)を使用し、確認したいスポットを切り出す。

・エクセル(画像加工ソフトでも可)に貼り付ける。

・エクセル内の画像加工機能で「コントラスト」を高く、「明るさ」を高く設定する。 


 

上記画像を、事例として下記設定で行うと…

・明るさ   :60%

・コントラスト:85%

 

 

f:id:YB125SP:20170104194937p:plain

 

如何でしょうか?

濃淡がより明確になって、浅瀬 / 深淵+海藻の位置が分かるようになりました。

※黄色みがかっている部分は海藻が多いエリアとなります。

 

余談ですが、海釣りするときのエリア選択時にもかなり役に立ちます。

海藻を避ければ、根掛かりを防止できます。逆にいえば、海藻が多いところに生息する魚を狙いやすくもなります。

 

 

浅瀬の岩場を対象とする(私の経験値判断ですが)と、イシダイは下記赤丸部分に多く生息してそうなことが分かります。

 

f:id:YB125SP:20170104203114p:plain

 

さらに利便性を考慮する。

場所選びが終わったら、さらに利便性を考慮して、下記を探しましょう。

 

①車が近くに止められるか?

②シャワーや水道が近くにあるか?(公園でも可)

※締めた魚を洗ったり、道具を洗ったりできる場所を確保するため。

 

②は、下記を利用すれば、代替が利きます。

 

↓お魚を洗うのはこちら。

 

 

↓自分自身の洗浄にはこちら。

  日中、車の中に置いておくと温水になります。

 

まとめ

戦闘準備(前回記事)、フィールド選択についてまとめました。

あとは、実践あるのみ! 

 

イシダイって刺身だけでなく、塩焼きやあら汁にしても超美味いです。

(↓見た目悪いですが、仕留めたヤツを調理中(後)のもの)

f:id:YB125SP:20170104204712j:plain f:id:YB125SP:20170104204800j:plain

 

是非とも自分で仕留めてご賞味下さい!!

 

忘れぬうちに備忘録♪