読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カインズブランドのエンジンオイルMAを購入・適合するか検討してみた。

f:id:YB125SP:20170228184258p:plain

先日、エンジンオイルを買いました。

本当は、冬休みにチャチャッとオイル交換を済ませたかったのですが、完全に寝正月してました。笑

 

カインズブランドのMAというエンジンオイル。

カインズブランドとは、「カインズホーム」というホームセンターが販売しているPB(プライベートブランド)の商品です。

↓企業HP

www.cainz.co.jp

 

カインズホームは、関東圏でしか見たことないから展開は関東のみかな?

YB125SPのオーナーは、ほぼ関東圏にいない印象なのであまりお見掛けしないかも。

 

それで!

店舗の商品棚を見て頂くと、有名どころのエンジンオイルに混じってこんな棚があるんですよ!

f:id:YB125SP:20170113214417j:plain

 

写真拡大で確認できるかな?

そうなんです、お値段が破格の安さ!! 何を隠そう激安なんです。

 

ウチのYB125SPちゃんに合いそうなコイツ、「MA 10W-40」を購入。

お値段なんと、¥598(税込)。

f:id:YB125SP:20170113213621j:plain

 

帰宅してから、ちょっと心配になって調べたんだけど、YB&YBRダイアリーの雷太さんが愛用している記事があって一安心。

blog.goo.ne.jp

 

と思っていました。

 

上記記事の中に、

初春~初冬の一番活発にバイクに乗る時期に使ってる感じ。」。

 

しくった~!

久々に自分でエンジオイル交換だから何にも考えないで買ってしまった。

基本的な「粘度」のこと一切考えてなかったわ。笑

 

真冬のエンジンオイルの温度。

そう、Twitterではよく呟いてたんだけど、ようやく手に入れたTakatsu製油温計で通勤前によくエンジンオイルの温度確認してたんだよね。

↓油温計の記事。

yb125sp.hatenadiary.jp

 

 

今朝も見たらさ

f:id:YB125SP:20170113215528j:plain

※写真ぶれちゃってます。ごめんなさい。

 

0℃って、おい。笑

エンジンオイルの粘度グレードに無事適合してんじゃん!

※MAの粘度は10W-40なので-20℃までサラサラオイル。

 

粘度考えていなかったけど、全然OKでした。笑 

 

ちなみに、スプロケットを15T化して平均回転数が減少した影響か分からんが、エンジンオイルの温度は50℃以下で変動しています。

↓15T化の記事。

yb125sp.hatenadiary.jp

 

MAのような鉱物油系のエンジンオイルの耐熱温度は150℃以下ということを考えると、充分な性能を備えていると判断できますね。

格安で済むし、調子が良かったらずっとこれ使おうかな。

 

エンジンオイル交換のお供に。

実はこれに合わせてマグネットドレンボルトも購入したんだよね。

YBちゃん、オイルエレメントがなくて、オイルストレーナーのみだから早めに対処したほうが良いんだけども。笑

※オイルストレーナーとは、エンジン内にセットする茶こしに似た網部品です。
 そこに油が通ることで、異物が引っ掛かりエンジン内への異物混入を防ぐ。

 

 ↓購入したマグネットドレンボルト

このマグネットボルト、ワッシャー以外に、名前の通りワイヤーが付いてきます。

 

調べると、ボルトの緩みを完全防止させ、ドレンからオイル漏れを確実に防ぐために使う代物らしい。競技では一般的のようだ。

オイルが漏れて道路を濡らすとタイヤがつるんッとなって参加者を危険に晒すことになるからみたい。

まぁー競技しないから使うことはないだろうけど!

f:id:YB125SP:20161130193653j:plain

 

オイル交換について。

別記事で記録します。本記事では、適合するか否かまで。

使用中の感想もいずれ記事にしようと思います。

 

~2017/05/26追記~

あれから2回ほど、エンジンオイルを交換しました。
結論言うと、格安エンジンオイルであれば、AZのほうがギアの入り方が良いです。

 

主観的な感想になってしまいますが、気持ちよく「スコンッ!」っとギアが入るのは断然AZ。

MAは、ヌルッと入る感覚があります。

 

どちらが好みかにもよると思いますが、Amazon等で気軽に注文できるAZに軍配が上がりました。笑

 

忘れぬうちに備忘録♪