読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温湿度計で部屋の温度・湿度の変化を測定してみる。

f:id:YB125SP:20170329190632p:plain

RC-4HC(温湿度センサー)を使用して寝室の温湿度変化を計測してみました。

その記録を残そうと思います。 

 

動機。

突然ですが、私、寝汗が凄いんですよ。

寝起きでお布団を剥ぐと絨毯がビチャビチャ、なんてことが良くあります。

(真冬なのに。笑)

 

もしかして、加湿器いらないんじゃね?

ってくらいの勢いなので、その実力がどんなものか見てみたくなったのだ! 

測定方法・条件。

方法を箇条書きします。

  1. 温湿度計を宙ぶらりんとなるよう設置。(風通しを良くするため)
  2. 6畳間の部屋で窓・扉は閉め切り状態とした。(外気の影響を防止するため)

 

参考:温湿度計の設置状態。(カメラの三脚を使用し、地面から離しました。)

f:id:YB125SP:20170213213516j:plain

条件を箇条書きします。

  • サンプリングレートは1回/30秒

  • 就寝時間は夜の23時くらいだったかな?

  • 私がぐっすり眠ること!(途中トイレ等で起きてはいません。)

  • エアコン等は就寝前に全てOFF。

 

測定結果。

どーん!!!

f:id:YB125SP:20170213220147p:plain

 

 

うげげ!!

湿度が寝る前後で40% ⇒ 65%へ!!

25%も上昇してやがる!!

 

これ、加湿器というより、除湿が必要だな。笑

温度は緩やかに下降しているのを見ると、周辺環境は寒いはず・・・。

単純に暑がりで発汗しているだけみたいだ。

 

ちなみに、人の快適な室温・湿度って下記らしい。(株式会社クレセルさんより)

私の場合、湿度が60%以上なので余裕でOUTですね。

 

http://www.crecer.jp/Q-A/GAZOU/image1.gif

出典www.crecer.jp

 

というか、我慢できなくてトイレで起床したけど、そのログ(普段のメインの生活部屋の扉を開けたので、温度・湿度が上昇した)まで拾ってるのは関心してしまった。

中華製だが格安で実力が凄いので、記録は取り直さず残しておこうと思う。

 

参考。

ちなみに、グレードがあるようで、下記種類があるようです。

今回使用したもの。

温度計だけのデータロガー

USB直差しタイプ(最新モデル?)

こちらが最新モデルのようです。

 

良かったら他のデータロガーの記事もどうぞ♪(関連記事です)

合わせて読みたい

データロガー関連記事

忘れぬうちに備忘録♪