【最新】ダイソー鋳物シリーズに新たな❝¥300&¥200スキレット❞と❝¥400ラージステーキプレートが登場?!

f:id:YB125SP:20170315210942p:plain

こんにちは、てんしゅん。(@tensyun_)です。

2017/3/16現在、ダイソー鋳物シリーズに新たな4製品が増えていました。

 

  1. スキレットM(内径151×30mm)
  2. スキレットS(内径130×22mm)
  3. ラージステーキプレート(内径268×168×14mm)
  4. スクエアスキレットM(内寸130×130×32mm)

f:id:YB125SP:20170322195518j:plain

アツい、アツ過ぎるぜ・・・!!

過去の振り返りも含めて、なぜアツいのか?今度は購入しておくべきなのか?
その理由をまとめておこうと思う。

ダイソー鋳物シリーズの人気

2015年5月18日放送のNHK放送「あさイチ」にて、「スキレット」が紹介されました。

おそらく、それがキッカケで爆発的な人気となり、格安で手に入るダイソーのスキレットに注目が集中。

↓参考:グーグルトレンド「スキレット」検索結果

f:id:YB125SP:20170327202015p:plain

ヤフオクで転売ヤーたちにより値段が高騰しまくり。

一時は総額¥1,000の商品に6倍近くの¥6,260の価格が付いたことも。

f:id:YB125SP:20170322200920p:plain

入手困難…。

そんな価格高騰のせいもあってか、あっという間に売切れ続出。

 

2015年末~2016年頭くらいでしょうか?
ようやく気が付いた私も随分探し回りました。

しかし、手に入ったのはタコさん型ミニスキレットと取っ手のみでした。
(正直、全然使えないので買ったことを超後悔してます。笑)

f:id:YB125SP:20170322211402j:plain

アウトドアブーム到来。

これに合わせて、なんとアウトドアブーム到来。

2017年1月20日のテレビ東京「WBS」にてsnow peakが紹介されるくらい一般ピーポーがアウトドアにハマっているようです。

そのときの放送では、オートキャンプ人口は2014年で775万人でここ数年25万人ずつ増加しているとのこと。

確かに、私の周りでも登山や釣り、キャンプを始める方々が多いように感じます。

ニトスキの登場

登場というより、2015年2月には既に発売されていたニトリのスキレット。

ダイソーのスキレット(通称:100スキ)が全然手に入らねーっていう消費者が次に目を付けたのが2番目に安いニトスキだったようですね。

※お値段:15cm ¥462、19cm ¥740(税抜き)

 

f:id:YB125SP:20170326174908p:plain

結局、買いなの?

これは「買うべき」と私個人は考えます。なぜか?

鉄の価格が上昇し続けているからです。(細かい変動はありますが)

 

以下のグラフをご覧下さい。

昭和47年~平成27年までの鉄価格推移ですが、微増の右肩上がりとなっています。

今現在購入できる価格¥200/¥300で買えなくなる可能性が高いと考えます。

f:id:YB125SP:20170322210020p:plain 

加えてアウトドアブームで目を付けた消費者も多いはず。

不要になってもオークションで高値が付くことは間違いないでしょう。

鉄だけど、金の考え方と同じってヤツ。

 

私も購入しちゃいました。笑

今年ガンガン使っていく予定です!

↓購入した品々

f:id:YB125SP:20170327202323j:plain

購入時の注意点

2つ注意点があります。

1つ目:鋳巣

溶けた鉄の中に空気が巻き込まれて成型されると、それが製品表面に穴として現れることがあります。(鋳巣「ちゅうす」or「いす」と呼ぶ)

↓こんな感じ

f:id:YB125SP:20170327201521j:plain

製品表面に露出しているモノは、それだけ成型条件が悪く、製品強度が低下している可能性があります。あまりに鋳巣が多いと、ぶつけた拍子にポキッなんてことも。

なので個人的におススメしません。

(あと食べ物のカスが詰まって洗い落とすの大変だし。笑)

2つ目:仕上げのバラつき

鋭利な部分にヤスリ掛け仕上げされている痕跡があります。
製品によっては削り取られ過ぎて見栄えが悪いものがあります。

↓こんな感じ

f:id:YB125SP:20170327201541j:plain

正直、気になれなければどっちでも良いです。笑
(私が買ったものが偶然こんなに違いがあったので気が付けました。)

 

神経質な人はお金を出して、ColemanやLODGEのスキレットを買ったほうが良いだろう。

寸法にあった蓋も販売されているし、品質が良いことは間違いなし。

ちなみに、ロッジのスキレット側面を見ると綺麗に加工されています。

うん、金掛かっていますね。笑 これなら人前で格好が付くわ!

f:id:YB125SP:20170617105326j:plain

ちなみに、ダイソーのはガッタガタ笑 手ヤスリ仕上げなのかな?

f:id:YB125SP:20170626211944j:plain

まとめ

如何でしたでしょうか?
ダイソーで再販した今、私は買い時と捉えます。

 

スキレットのブームは落ち着きつつあるものの、破格の安さは見逃せません。

不要になっても鉄価格が上昇、且つ、人気なので売却しても高値が付くことでしょう。

資産として考えても良いかもしれません。

 

合わせて読みたい

ダイソースキレットに合う蓋を見つけた。

忘れぬうちに備忘録♪