【釣果】2017年7月 茨城県那珂湊港でサバが大漁だった話。

f:id:YB125SP:20170702094429p:plain

こんにちは、てんしゅん。(@tensyun_)です。
今回は初の寄稿者(友人:まーくん)による記事となります。

先日急遽行ってきた茨城県那珂湊での釣りのお話。日記形式で書いていくよ!
宜しくお願いします!!

はじめに

こんにちは、まーくんです。
今回の釣行について、さっそく綴っていこうと思います。

長引く梅雨で悪天候が続くなか、金曜の夜は釣りがしたくなる今日この頃。
友人を誘い雨覚悟の釣行。

帰宅後、すぐさま釣りの用意を済ませて友人宅へ。
合流後車を走らせ21時半に釣侍大洗店  に到着。

※ちなみに、全系列店で24時間営業しているのはここだけ。

エサの準備や情報収集

釣侍にはコマセの解凍を電話で依頼済み。
(移動時間を有効活用する) 

コマセ1kg&ジャリメ(ミミズのお化けみたいなヤツ)を購入。

ついでに、釣侍の店員に最近の釣果を伺う。
今旬は下記が狙い目のようだ。


  • 大洗港⇒いわし
  • 那珂湊⇒アジ


やはり、アジは味が旨い(笑)ので那珂湊へ.。

いよいよ開始

22時には那珂湊港の下記に到着。

那珂湊は釣り人にとって以下の点で魅力である。


  • 電灯あり
  • 綺麗なトイレあり
  • 空いていれば車を直付けできる


↓フラッシュなしでこんなに明るい! 仕掛け作りも楽勝

f:id:YB125SP:20170703195728j:plain

海況は、波無し、風無し、生物反応なし!笑
到着後、すぐさま浮きサビキと足元でのサビキとメタルジグを開始。

予想はしていたが、まったく当たりがない・・・!

最初の釣果

堤防から見えるのは、スーパーデカいイソメとエイのみ。

てんしゅん。は面白半分でメタルジグを巧みに扱いデカイソメをゲット。

↓ ちょーキモイw

f:id:YB125SP:20170703190303j:plain

俺もエイをメタルジグで引っ掛ける!!

引き上げてから後悔したのだが、エイの尻尾には毒針が・・・!

↓この躍動感溢れる毒針ぶん回しの図

f:id:YB125SP:20170703190442j:plain
てんしゅん。の協力の末、エイのビートルをカット。
トリコには申し訳ないのだが、持ち帰ろうにもエイの生臭さに萎えてしまった。

まだ生命力はあったので、エイヒレを少しだけカットさせて頂き、てんしゅん。持参のカニマンションに投入。

↓カニマンション・・・こういうヤツ。

カニなら何でも食うだろうと、これまた友人持参のヘラブナ用の練り餌を使い古した軍手に投入しカニマンションへ。

f:id:YB125SP:20170703193911j:plain

結果から言うと、特に大したものは取れなかった;;;
超ミニサイズのカニのみであった。(右下)

f:id:YB125SP:20170703195529j:plain

同じ茨城の平磯港ならこんなにカニが取れたのに↓

f:id:YB125SP:20170703194328j:plain

余談だが、カニマンションなら平磯港がおすすめかもしれない。

期待させんなよ笑

そんなこんなで時間が過ぎ、1時頃にようやくサビキに当たりが・・・!
釣れたのは12センチくらいのサバ。

いよいよ群れが来たかと思われたが、どうやら一匹狼。

その後は釣れずに時間が過ぎ、3時頃に泣きっ面に蜂の雨が振りだした。

疲れもあり、暫し仮眠を取ることに。

朝マズメ

6時頃に目覚め、友人はまだ微睡んでいたが、そろそろ朝マズメだろうと足元にサビキをセット。

表層付近にサバの群れが現れた!

すぐに一匹ゲットし、喜びの気持ちをグッと抑え、てんしゅん。をたたき起こした!!

ここからが我々の快進撃!
慣れないながらも手返しを素早く行い、一時間ほどで約40匹のサバを釣り上げた

中には4匹が鈴なりになることもあった。
コマセが無くなると同時に群れが去った。

下処理

釣りを満足できた我々は一息着いたが、これからが大変な時間だ。
自宅に帰るまで3時間の道程があるため、サバの下処理が必要なのだ。

バッカンに満タンになったシャウティングチキンのようなサバを仕方なしにてんしゅん。と交互で下処理を行った。

f:id:YB125SP:20170703200314j:plain

サバは唐揚げでビールのお供にする予定だったので、頭と腸をキッチンばさみで取り除いた。

萎えるぐらい臭くなった手は、新兵器のステンレス石鹸でわりと臭いが取れた。

攻める姿勢

後片付けを終えた我々。
しかし、久々の釣りに元気が有り余ってた&ジャリメは残っていた。

なので大洗水族館すぐ近くの那珂川へシロギスを狙いにGo!!

だったが、すぐに雨が降り始めたため中断!
まぁサバも釣れたので我々は満足して帰路へついた。 

まとめ

やはり天気とマズメは大切だと思い知らされる釣行だった。

車が直付け出来るのであれば、夜中に到着してマナー違反にならない程度の場所取りを行い、車内で朝を待つもの悪くないのかもしれない。

全ての釣果


  • サバ44匹
  • 5センチ強のメバル
  • メタルジグで引っ掻けたエイ
  • 触れたら?見たら?かなりへこむサイズのパワーイソメ

参考(使った道具とか)

本日のタックル(足元でのサビキ)


  • ロッド-DAIWAの10号の重りを容赦なくぶっとばせるくらい固い竿
  • リール-アブガルシアの3000番(最近タックルベリーで買った安いやつ)
  • ライン-PE1.5号+リーダーは100均の4号フロロ
  • サビキ-タックルベリーオリジナルの安い4号仕掛け

 

私自身持っていないが、以下のものがあれば十分釣れそう!


  • ロッド-振り出し竿3メートルくらいあると充分
  • ライン-ダイソーに打ってる1号のフロロ
  • サビキ-釣具屋さんに重り付きで販売されている。その方が楽、3号くらいで充分。

以上、初の寄稿による記事でした!

今後も一緒にアウトドアした際は、寄稿ヨロシク頼むよ!

私も持ち帰ったサバはさらに一晩寝かせて・・・

f:id:YB125SP:20170703194745j:plain

唐揚げにして美味しく頂きました!

f:id:YB125SP:20170703194921j:plain

忘れぬうちに備忘録♪