群馬県玉村町の花火大会駐車場がクソ過ぎた。

こんにちは、てんしゅん。(@tensyun_)です。
先日、群馬県は玉村町というところの花火大会へ行ってきました。

 

そのときに使用した駐車場が本当にダメな場所だった。
今回は、その駐車場について備忘録として残そうと思う。

(運営陣、これ見てたら改善して欲しいな・・・)

はじめに

花火大会の概要を少し記述。


  • 群馬県で行われる花火大会の中では、一番早い大会
  • ド田舎なので、花火を遮るものがなく眺めが良い
  • 全国ランキングで2位(下図)


f:id:YB125SP:20170723145647p:plain

※そもそも玉村町って村なの?町なの?笑

問題の駐車場の場所

 はい。今回の記事で話題にしたい駐車場がこちら。

まずは、利用案内をチェックしてみよう

駐車場へ入ったときに配られた紙がこちら。

f:id:YB125SP:20170723135511j:plain

ふむふむ。

21:30からしか出庫可能にならないけれど、歩いて駐車場へ戻る時間を含めてもすぐに出られるだろう。(花火大会終了時間は21:00。歩行時間は30分くらい?)

出口が西門1つだけだけど、警備員・係員がいるなら大丈夫か。

問題点

上記赤文字がポイントであるが、箇条書きにすると・・・


  1. 21:30になっても開錠されない
  2. 区画整備されていない
  3. 出入口が西門1つしかない
  4. 交通整備員3名全員が出入口にしかいない(出入口はT字路)

1番目から問題だったよ・・・これ。

 21:30になっても開錠されない

一番課題だったはこれ。

利用案内の21:30になっても開錠されず、最終的に開錠されたのは22:00くらいだったかな?

それまでの環境はというと、下記のような感じ。
車の中意外に待機している場所がない。


  • 出入りを待つ人たちは、熱帯夜の暑さに耐えられない。
    ⇒車のアイドリングをし続けているため、辺り一杯に排ガス充満
  • 駐車場整備が草刈りのみで行きどいておらず、虫が大量発生している
  • 周辺に時間を潰せるようなお店がない

区画整備がされていない


  • 草の茎が残っており、駐車場内で飛び出ている。
    ⇒車を走らせると何か刺さっていくような感じで非常に不快。
    ⇒花火大会なのにサンダルで歩くには危険な道であった。
  • 当然、白線等もない。
    ⇒順番抜かしをするお客が出る。いつまでも開錠されないので、順番待ちに耐えられないヤツがいた。

よくよく調べると、2016年は雨の影響でぬかるみが発生し、閉鎖されていたこともあるようだ。(2017年は整備くらいしろよ・・・笑

↓参考:2016年の地図。閉鎖と記載されている部位が該当の駐車場である。

20160716_1

出入口が西門1つしかない

なんと該当駐車場の収容可能台数は500台。それにも関わらず、出入口は西門の1つしかない。

整備員がいなければ、出庫するのにトラブルが起きやすい状況は想像付くだろう。

交通整備員3人全員が出入口にしかいない

その整備員がなぜか出入口に3名しかいなかった。。。

しかも!!!その整備員の配置がコレッ↓!!! (ついでに車の状況も表示)

f:id:YB125SP:20170723144203p:plain

出入口 は1人で十分だろ!!!笑

加えて出入口すぐの道路は、交通量が超少ない道路。3人も整備員がいる必要性を感じない。

 

いわゆる派遣っぽい人が整備を行っていた。仕切っているはずの花火大会実行委員会らしき人は誰もいないかった。

公務員なのかな? だとしたら全然仕事してないね。

まとめ

群馬県 玉村町という町の花火大会用駐車場について述べました。

ちょっと運営側の配慮が足りていませんかね・・・。

 

花火大会自体は素晴らしいモノでした。

田園夢花火という別名通り、田んぼに映る花火はとても綺麗。

↓水田しかなく一面を見渡せる。水田にも花火が反射して綺麗。

f:id:YB125SP:20170723145137j:plain

それなので、なおさら残念でした。

駐車場の不備が無くならなければ2度と来ることはないでしょう。

 

忘れぬうちに備忘録♪