コラム

海釣りで重要なのは生態ピラミッドを意識することだと思う

f:id:YB125SP:20180531223904p:plain

海釣り大好き、てんしゅん。(@tensyun_)です。

海釣りを始めてかれこれ7年くらいになります。

経験則で最近気が付いたことがあります。それは、その年々で頻繁に釣れる魚種が変化していること。

中学時代の理科を思い返してみれば、これって当たり前のことだったんですよね。ちょっと振り返って整理してみます。

生態ピラミッドを思い出そう

生態ピラミッドって覚えてますか?

食物連鎖(食う・食われる)の関係にある生物の個体数を比較すると、一般に 食う動物<食われる動物 となり、これを図にしてみるとピラミッド型となる。

釣りで例えると、下図のような感じ。

f:id:YB125SP:20180603081731p:plain
  • 下位:エサである「オキアミ」
  • 中位:オキアミを食べる「イワシ」
  • 上位:イワシを食べる「ブリ」

毎年釣りをするにあたって、この生態ピラミッドを常に意識することが大切だった!

生態ピラミッドは常に変化する

生態ピラミッドは毎年変化します。なぜなら、個体数のつり合いを保とうとするから。

何かの原因でピラミッド関係が崩れるとき、各位の数量関係が下図のように変化を起こす。

f:id:YB125SP:20180603082433p:plain

引用:「生態ピラミッド」 ( 生物学 ) – 心機一転 – Yahoo!ブログ

 

私の経験則になってしまいますが、この変化は半年~年単位で発生。

釣果を振り返ってみても、その年で釣れる魚種は結構変化している。
海釣りのたびにサビキ釣りによる小魚を取っていますが、アジを例にすると釣果が全く違う。

  • 2017:アジ爆釣
  • 2018:アジ皆無

その年に釣れる”旬”を意識しよう

その年のえさとなる生物の数・自分を食べる生物の数に注目して考えてみよう。

今年下~中位層のアジが釣れない年だとすると、それより上位の魚種(フィッシュイーター)が増えている可能性が高い。

⇒ 今年は大物狙いでいこう

ってな感じで釣り計画を立てるとその年の釣果が良くなります。

その年に釣れる”旬”を意識すると良し!

忘れぬうちに備忘録♪