釣行歴

【釣果】茨城県 平磯海浜公園前でマダコを釣り上げた話

てんしゅん。(@tensyun_)です。

この間、茨城県にタコ釣りに行ってきました!
釣行歴として、レポートをまとめようと思います!

初心者向けに書くので、必要なモノ・釣り方等細かく記載するよ!

タコ取り名人ご用達! 平磯海浜公園前

今回訪れた場所はこちら

ここは何と言っても利便性が最強である。

  1. 駐車場から近い(平磯海浜公園の駐車場を利用)
  2. トイレあり
  3. 水道あり

特に①はとてもありがたい。
タコ釣りは「とにかく歩いて釣る!」が基本なのでクーラーボックス等の荷物を持ち歩かなくて済む。

移動距離としては、下記のようなイメージ。(100mくらい)

ちなみに、ウェーダーを着たタコ取り名人が数名います。タコ取り名人ご用達のスポットでした。
※ウェーダーとは↓みたいなヤツ。

タコ釣りの装備はベイトリール&竿×タコエギ

タコ釣りの装備はシンプル is Best。

竿 めちゃくちゃ固い中古竿(タコがぶち抜ければ何でもOK)
リール 何でもOK。ベイトリールが良き
仕掛け タコエギ(タコやん等)
ライン PE4号(耐荷重が高いほど良い。PE4号は27.22kg)

タコ釣り用の竿はベイトリール専用が良い

タコ釣り用の竿は、折れにくければ何でも良いと思います。

重要なのは、掛かったタコが地面に張り付いたとき、力の限り引っ張ても壊れないこと!
タックルベリー(中古釣具屋)等で¥1,000以下で買えるようなショボい竿で十分。

私は先端が折れてる&サビだらけのボロ竿を使ってます。
↓こんなの


但し、ベイトリール用の竿がおススメです。

タコ釣り用はベイトリールが良い

なぜベイトリールが良いかといえば、投げる動作が単純化できるためです!
具体的にいうと、キャスト前のベールを上げる動作が片手で完了するからである。


引用:http://エギング入門!アオリイカの釣り方と仕掛け

タコ釣りはキャスト回数が多くなるので、効率的に投げられる → キャスト回数Up → 釣果も上がりやすくなる。

竿&リールで選び方が分からないという人は、下記のようなセットを購入しても良いでしょう。

タコ釣り用の仕掛けはタコエギ

仕掛けは「タコやん」が有名です。

ですが、価格が高くコスパは良くありません

私のおススメは「オクトパスカイト」!
タコやんに比べてGoodな部分はこんな感じ!

  • 価格が¥500くらい(タコやんより約¥350安い)
  • 根掛かりしにくい(地面に接地する部分がナス鉛のみ)

オクトパスカイトの動きはこんな感じ。
見ての通り、エギ本体は常に浮いており、引っ張られる方向で沈まない。

放っておいても根掛かりしにくいです!

参考までにタコエギ「ダンシング八ちゃん」(タコやんとほぼ同じ動き)はこんな感じ!
頭に鉛があるため、頭側が下がり回収と同時に岩の溝にハマったり根掛かりしやすい(と私は感じます)

タコ釣りの方法

必ず干潮前後を狙いましょう。
気象庁の潮位表にて確認できます。

動作は、下記①~③動作をひたすら繰り返すだけ!

  1. たこが居そうなポイントにキャスト
  2. 10秒放っておく
  3. 回収

動きがトロイので少し待つのがポイント!
友達は電話中に放っておいたら掛かってました(笑)

また、ビックリするぐらい浅瀬にいるので、危険な場所にはわざわざ入って行かなくてOKです。
この記事で紹介している「平磯海浜公園前」の釣り場を見てみるとこんな感じ↓

参考に人も一緒に撮影したが、どんだけ浅いか分かるかと思います。
(深くてもMAXひざ下くらい)

ちょんちょんしていると簡単にタコが乗っかります。
獰猛な性格なので、特別なアクションは不要!タコさえいれば絶対掛かります

釣り上げたタコ↓(内臓は現地で取り除いたので頭が裏返ってます)

ちなみに、コイツを釣り上げたところはこんな感じ
↓タコとバトル中の図

岩陰だけど、潮通しが良い場所にいます

釣りった後はタコ飯・タコ唐揚げがおススメ!

釣り上げたタコは、タコ飯・タコ唐揚げにすると超Goodな酒の肴になる。
生刺身で食べる以外は、基本は1回茹でてから料理するよ!

タコ唐揚げの作り方

  • 下処理(内臓取り → 塩もみ → 茹でる)
  • 片栗粉をまぶして油でさっと揚げるだけ!

タコ飯の作り方

  • 下処理(内臓取り → 塩もみ → 茹でる)
  • 茹で汁を炊飯用の水として使う
  • ぶつ切りタコを入れる
  • 醤油・みりんで味付け後、炊飯!

参考ですが、永谷園のお吸い物を入れると簡単に調理できます。
※というか袋に調理方法が書いてある。

とらや旅館の目の前はタコ釣りスポット!

実は平磯海浜公園より北3.0kmはタコ釣りスポットが連なっています。

点々と駐車場もあるのでタコが居なそうなら、北上して探ってみるのも良し!

スポットの中でも1番のおススメは、最北端のとらや旅館です。
目の前すぐがタコ釣りスポットになっており環境は抜群!

海水まみれになってもお風呂へ直行できる。
なにより、茨城県名物のアンコウ鍋が夕飯に出るので心もお腹も満足することができます。
↓夕飯写真

f:id:YB125SP:20161127120240j:plain

\予約はこちらから/

意外と簡単なタコ釣り。
是非チャレンジしてみては如何でしょうか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です