利便 / 快適向上

YB125SPに適合するOSS製バイクカバーを入手!

こんにちは、てんしゅん(@tensyun_)です。

新居への引越も無事に完了し、新しい駐輪場にバイクを止めることになりました。
New駐輪場は、屋根はあるが雨風に弱そうな作りをしています。

そこでYB125SP用にバイクカバーを買ってみました。
今回は、バイクカバーのレビューをしてみようと思います。

バイクカバーのメーカーはOSS

購入したのはOSS(大阪繊維資材)のバイクカバー。
サイズはM-Lというヤツ。

YB125SPの寸法は、下記である。

  • 【全長】1970mm
  • 【全幅】760mm
  • 【全高】1080mm

購入したカバーの寸法はこんな感じ↓なので、ピッタリ収まる計算だ。

  • 【全長】2090mm
  • 【全幅】ハンドル部1000mm、後部幅280mm
  • 【全高】前方高さ1250mm、後方高さ900mm

そしてそして!
なんと、このカバーはテントみたいなベンチレーションが付いています!

ベンチレーションとは、簡単に言うと「通気孔」です。

昼夜の寒暖差でカバー内外に温度差が生じる。
= 内部が結露する
= サビの原因!

湿気は油断禁物。愛車を長く乗っていくためにも是非通気孔があるバイクカバーを使おう!
この記事を読んでいる人がキャンプ泊経験者なら、その大切さが良く分かると思う!

お値段も¥2,000未満で安かったので迷いなく購入。

さっそく取り付けてみた!

フゥー!!!
サイズぴったり!!!

丁度突っ張てくれるミラーのところが通気孔になる。
風通しも良さそう。

下方はというと、チョロッとタイヤで出るくらいかな?

ちなみに、適合車種一覧に姉妹バイクのYBR125がありました。
中華製バイクなのに記載してくれててちょっと感動。親切なメーカーだなぁ。

YB125SPも載せてくれて良いんだよ?(チラ

f:id:YB125SP:20170619193621p:plain耐久性とかはそのうちレビューするよ!
OSSさんはハンドルカバーの耐久性が良かったので安心しているけどね!笑

OSSバイクカバーの機能

パッケージを写真を貼り付けておく!
謳われている機能一覧が載っているよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です